nine

国産へのこだわり

犬猫自然食本舗で作られているキャットフードを始めとしたペットフードの原料は、すべて国産の物を使用しているという珍しいメーカーです。
主原料は雑穀で、玄米・押麦・もちきび・そば米・もちあわ・ハト麦など、8種類の雑穀とニンジン・キャベツ・ゴボウなど、8種類の野菜を使用しています。
動物性たんぱく質として国産まぐろを贅沢に使用しています。
主にお肉や魚のフレーバーを提案している犬猫自然食本舗ですが、その主原料の多くは雑穀です。
確かに国産にこだわっている点では文句なしと言える犬猫自然食本舗ですが、雑穀メインのキャットフードは好みがわかれるところです。

粒のサイズがとにかく小さい

犬猫自然食本舗で作られているキャットフードの中にはマザーnyanというキャットフードがあり、これが同メーカーのキャットフードの中でもメジャー商品と言えます。
このマザーnyanはドライフードですが、とにかくその粒の小ささに注目です。
粒の大きさは大体5mm程度で、その他のキャットフードに比べると半分程度の大きさとなっています。
このため、小さい猫ちゃんや顎の弱いシニア猫にとっては食べやすいキャットフードと言えることでしょう。
とはいえ、猫ちゃんによっては粒が小さすぎて丸飲みしてしまう可能性もあります。

ラインナップが豊富

犬猫自然食本舗で販売されているキャットフードにはドライフードとウェットフードがあり、いずれも複数の種類がご用意されています。
猫ちゃんの体調に合わせて、お好きなタイプのキャットフードを選ぶことが可能です。
食後に水分を摂取してくれないような猫ちゃんにはウェットフードを、硬いものを食べさせたい時にはドライフードを選択しましょう。
また、主食の他にも目移りするような猫ちゃんのおやつも複数種類揃えています。
キャットフードの購入ついでに猫ちゃんのおやつも覗いてみてはいかがでしょうか。

栄養素が豊富で低カロリー

通常、猫ちゃんには多くのたんぱく質が必要となるため、購入するキャットフードは高たんぱく質である必要があります。
犬猫自然食本舗のキャットフードは、一見してたんぱく質が少なめかと考えてしまいます。
しかし幼猫用においては30%以上、成猫用は29%以上、シニア猫は28%以上と高たんぱく質を含んでいます。
雑穀を使っているためカロリーも低く、猫ちゃんのダイエット食としておすすめができます。
猫ちゃんが太り過ぎた場合には、与える量が少量で済む犬猫自然食本舗のキャットフードを与えてみてはいかがでしょうか。


t