舐めるだけで栄養分を取り入れることができる

キャットフードには様々な種類があるため、最初はどれがいいか迷ってしまいます。
猫ちゃんのことを思って、キャットフードを与えたけど全く食べないなどということもあります。

ドライタイプのキャットフードは主流となっている中で、最近ではスープタイプのキャットフードが注目されています。
スープタイプのキャットフードは、舐めているだけで栄養分を取り入れることが出来ます。
その為、病気で食欲がない猫ちゃんや年齢が高く噛む力のない猫ちゃんにおすすめです。
猫ちゃんの体調に合わせてキャットフードを変えるのも飼い主の役割となっていますので、責任感を持ったキャットフード選びをしましょう。

小さいけど栄養満点のキャットフード

スープタイプのキャットフードは、市販で販売されており一見他のキャットフードよりも小さく、猫ちゃんには少ないのでは?と思ってしまいがちですが、スープタイプのキャットフードには水分が豊富に含まれていることや野菜がタップる含まれているため、思いの他満腹を感じることが出来ます。
水分補給をあまりしない猫ちゃんにとってスープタイプのキャットフードは水分補給の変わりにもなります。
一般的に猫ちゃんは、一定の水分を摂らないと長生きをしないと言われています。
ですから、水分が足りていないかもと思ったときにはスープタイプのキャットフードを与えてみるといいでしょう。

病気がちな猫ちゃんにおすすめ

病気を患ってしまい、なかなか食事をすることが出来ない猫ちゃんや腎臓機能が弱っている猫ちゃんにはスープタイプのキャットフードが効果的です。
スープタイプのキャットフードをそのまま与えるのではなく、ぬるま湯を加えて与えることで、お粥のようなキャットフードを完成させることが出来ます。

ぬるま湯を加えることで、薄めの味になりますが栄養価値はそのままですので、栄養はしっかり取り入れることが出来ます。

食材をバランス良く配合されているキャットフードを猫ちゃんに与えたいときには今使っているキャットフードをスープタイプに変更してみましょう。


t