ロイヤルカナンのこのフードにしてから健康そのものです。

飼い猫の名前:クロ
6歳 オス
種類:メインクーン
健康状態
少し消化器官が弱く、エサによって軟便気味に。
アレルギー検査では無し。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン メインクーン 成猫用

ロイヤルカナン メインクーン 成猫用を選んだ理由
猫の種類に合った餌で、大手メーカーのだから。
おすすめ度 

ロイヤルカナン メインクーン 成猫用を実際に食べさせた口コミ
大粒のエサですが、飽きもせずにバリバリ音を立てて食べてくれます。
適量をいれておくと朝にはなくなっています。
こちらにしてから糞もコロコロしており飼い主としては安心しております。
これ以外だと軟便だったり、固すぎたりと色々あります。
ロイヤルカナンのメインクーンにしてからは特に病気もせず、健康そのものです。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
室内猫なので、室内温度と湿度には気を使っています。
メインクーンという北欧の国の猫なので日本の真夏の猛暑はつらいだろうと、6月~9月あたりまで、エアコンで除湿or冷房を24時間しています。
もちろん、エアコンが寒い時は猫自身が自分で別の部屋に行ったり出来るように猫出入り口等を設けています。
また、雄猫は特に水を摂取するのが苦手で尿管結石になりやすいとの事で風呂場等で水道水から水を出してあげて、飲むと褒めてあげつつ、となりにいてあげます。
こうすることで飲むと褒めてくれる!と猫が自ら、水飲みたいーと風呂場前でせがんでくるほどです。

お腹を空かしてましたがダイエットの結果としては良好でした。

飼い猫の名前:シキ
8歳 オス
種類:ラパーマ
健康状態
持病はないがちょっと太りい気味でした。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン 減量サポート ドライ

ロイヤルカナン 減量サポート ドライを選んだ理由
獣医に勧められたため
おすすめ度 

ロイヤルカナン 減量サポート ドライを実際に食べさせた口コミ
元々食欲旺盛な猫だったため食いつきはとてもよかったです。
ただし、療法量が少ないため良くお腹をすかして鳴いていました。
ダイエットの結果としては良好でした。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
体重管理について気を付けています。
ただ、ご飯の量が少なくて鳴いているとかわいそうなのでいくつかのキャットフードを試しました上記のものが総合的に一番よかったです。
また、良く人間の食事を欲しがるのですが、これは全部禁止させて、どうしてもおさまらないようでしたら専用の低カロリーおやつを与えています。

このキャットフードにしてから血尿がなくなりました。

飼い猫の名前:さくら
10歳 メス
種類:ミックス
健康状態:尿結石があります。
普通の餌を与えていると血尿がでます。
特に冬に見られます。
また、原因は不明ですが幼い時から季節の変わり目などに身体を異常に痒がって、出血するほどひっかいてしまうことがあります。それ以外は健康です。
愛用のキャットフード
ロイヤルカナン pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライ

ロイヤルカナン pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライを選んだ理由
獣医の勧め

おすすめ度 

ロイヤルカナン pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライを実際に食べさせた口コミ
食いつきは普通、糞も普通の状態です。
ですがこのキャットフードを与えていると血尿は出ません。
獣医さんに調べてもらっても尿に血が混じることがなくなったと言われます。そのことに安心して別の餌に変えるとまた血尿が出たりするので、今はこのキャットフードしか与えられません。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
身体を痒がることの多い猫なので、毎日出血の痕などが無いかどうかチェックしています。
かゆみが見られた場合はあらかじめ獣医さんにもらっておいたかゆみどめの薬を餌に混ぜて与えるようにしています。
また、尿のチェックもしています。
血が混じっていないかどうかチェックをします。今のキャットフードを食べるようになってからは、出血がみられたことはありません。

以前のものより食べるようになりました。

飼い猫の名前:シロ
6歳 オス
種類:ミックス
健康状態
健康(腎臓病の疑いがあり、様子見)

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライを選んだ理由
定期の血液検査で腎臓病の疑いがあり、主治医の先生から勧められたため
おすすめ度 

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライを実際に食べさせた口コミ
前に与えていたものと味や匂いがまったく違うため、食いつきが心配だったが以前の物よりよく食べるようになった。
ただし量を制限しているので本人は量に不満があるように見受けられる。
うんちは正常だが量を減らしている影響か一日おきの排泄になっている。血液検査の数値は現在安定している。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
うんちやおしっこの記録を毎日つけるようにしている。
また嘔吐などが続いた場合はその色や量も記録し、続くようであれば病院に問い合わせしている。
水は常時飲めるようにマシンにしている。部屋の温度が一定に保たれるようエアコンや床暖房などを稼働させている。

さすがに喜んで食べています。

飼い猫の名前:茶太郎
8歳 オス
種類:雑種
健康状態
元野良猫で、栄養状態が悪くガリガリで風邪を引いている所を拾いました。
五歳くらいまでは食欲旺盛でなんでも食べたのですが、徐々に何か食べると痛みで騒いだり飛び上がったりするようになったので病院で診てもらったのですが、ハッキリとした病名がわからず、どうやら免疫に何か異常があるらしく、歯肉が普通の健康な猫と違い赤くただれています。

色々と調べたり、先生にもどうしたら良いか聞き考えた結果、今現在は数カ月おきにステロイドの注射を打っています。
愛用のキャットフード
ロイヤルカナン 糖コントロール ドライ

ロイヤルカナン 糖コントロール ドライを選んだ理由
ステロイドの注射は副作用があり糖尿病になってしまうので、糖をコントロールしつつ猫にとって必要なたんぱく質を摂れて質の良いロイヤルカナンを選びました。
おすすめ度 

ロイヤルカナン 糖コントロール ドライを実際に食べさせた口コミ
それまでも決して質の悪いキャットフードをあげていた訳ではなかったのですが、流石に食いつきが全然違い喜んで食べているのでホッとしました。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
以前は食欲旺盛で何でも良く食べていましたが、病気を発症してからはかわいそうですが猫のために人間が口にするものは極力やらない、キャットフードも質の高く少しでも栄養価の高いものを与えたり、ステロイドの注射以外でも何か効くものは無いかと調べて
猫の口内炎、歯肉炎に悩んでいる方の情報を参考に色々試しています。

少し痩せる事ができました。

飼い猫の名前:とらさん
4歳 メス
種類:ベンガル
健康状態
特に病気もなく健康です。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン 減量サポート ドライ

ロイヤルカナン 減量サポート ドライを選んだ理由
少し太ってきたウチの猫をダイエットさせようと思ったため。
おすすめ度 

ロイヤルカナン 減量サポート ドライを実際に食べさせた口コミ
食いつきは可もなく不可もなしといったところですが、実際に少し痩せさせることができました。
あと、心なしか毛づやが良くなってきた気がします。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
とにかくストレスをためさせないということに気をつかっています。
こちらから過剰に触ったりせず、気ままに過ごさせるようにします。
ペット用ゲージなんかも使っていません。
以前は、その方針で餌もたっぷりとあげていたのですが、そのおかげかちょっとまるっとした姿になってしまいましたが。

獣医師から不味いと言われましたが食いつき良好です。

飼い猫の名前:チコ
15歳 メス
種類:アメリカンショートヘア
健康状態
年齢のわりに元気で食欲もありますが、尿路結石症です。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナンpHコントロール ライト ドライ

ロイヤルカナン pHコントロール ライト ドライを選んだ理由
尿路結石の症状が出たときに、かかりつけの獣医師に薦められたので
おすすめ度 

ロイヤルカナン pHコントロール ライト ドライを実際に食べさせた口コミ
獣医師の先生は「不味い」とおっしゃっていましたが、食いつきはいいです。

老化で目が悪くなったり耳が遠くなったりはしていますが、かなり元気です。
ウンチの状態もよく、コロコロで硬すぎず軟らかすぎず、獣医師に褒められます。
ただ、尿路結石症のため、ときどき血尿が出てしまいます。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
膀胱炎が再発しないように小まめに飲み水を取り替えています。
トイレの掃除をするときはトイレ砂がピンクになっていないか(血尿だとピンク色のオシッコが出るため)チェックしています。
また猫は調子が悪くなると毛並みが悪くなるため撫でるときに毛並みが悪くなっていないかも確認しています。

膀胱炎が良くなりました。

飼い猫の名前:リリアーヌ
4歳 メス
種類:ミックス
健康状態
膀胱炎

愛用のキャットフード
ロイヤルカナンpHコントロール1 ドライ

ロイヤルカナン pHコントロール1 ドライを選んだ理由
オシッコの中に出来た結晶を溶かし、結晶を出来にくくする効果があるため。
おすすめ度 

ロイヤルカナン pHコントロール1 ドライを実際に食べさせた口コミ
好んで食べてくれるのでありがたいです。
phコントロールのエサにしてからトイレ以外でオシッコすることが無くなり、オシッコに血が混ざることも無くなり膀胱炎が良くなりました。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
膀胱炎が再発しないように小まめに飲み水を取り替えています。
トイレの掃除をするときはトイレ砂がピンクになっていないか(血尿だとピンク色のオシッコが出るため)チェックしています。
また猫は調子が悪くなると毛並みが悪くなるため撫でるときに毛並みが悪くなっていないかも確認しています。

肝機能低下の速度が落ちています。

飼い猫の名前:きなこ
10歳 メス
種類:雑種
健康状態
腎臓の機能が低下気味と診断されている。
慢性的な蓄膿症。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライを選んだ理由
かかりつけの病院ですすめられたから。
おすすめ度 

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライを実際に食べさせた口コミ
普通のキャットフードを与えていた時よりも、腎機能の低下の速度が落ちている
と診断された。
頻繁になっていた膀胱炎にもならなくなった。食事療法食であるが食いつきはいい。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
幼いころから腎臓の機能が弱いらしいので、これ以上悪化しないように医師にすすめられた食事療法食を使うことにした。
食べ過ぎに注意しながら、食事を与える時間も毎日決まった時間にするように心がけている。
ストレスがたまらないように庭に出すなどして運動をさせたり、遊んであげたりしている。
定期的に病院に通い、何か異変を感じた時にも直ぐに病院へ連れていくことにしている。

腎臓系の病気にならないように選びました。

飼い猫の名前:アン
2歳 メス
種類:雑種
健康状態:いたって健康
愛用のキャットフード
ロイヤルカナン pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライ

ロイヤルカナン pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライを選んだ理由
腎臓系の疾患にかかってしまわないように

おすすめ度 

ロイヤルカナン pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライを実際に食べさせた口コミ
食いつきは普通にいいです。
与えた場合、毎日ほとんど残さず食べてくれます。
ウンチの状態も問題なく、綺麗な固形で排便されます。健康状態は問題ありません。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
健康管理で気をつけていることは、日々の異常チェックです。
毎日猫と遊ぶ時間を設けているのですが、その際にただ遊ぶだけではなく、撫でているついでにしこり等の異常がないか確認作業を行ったり、耳や目を覗き込んでなにか変わったことがないかを毎日確認しています。

開封したてはかなり食いつきが良いです。

飼い猫の名前:くりちゃん
3歳 オス
種類:雑種
健康状態
生後2か月くらいの頃に結膜炎になったことはありますが、持病は特にありません。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン ベッツプラン メールケア

ロイヤルカナン ベッツプラン メールケア を選んだ理由
かかりつけの獣医さんにおすすめされたのと、原材料が他のフードよりも良さそうだったから
おすすめ度 

ロイヤルカナン ベッツプラン メールケア を実際に食べさせた口コミ
開封したての時はかなり食いつきが良いです。
もちろん、通常時でも嫌がることなくもりもり食べます。
ウンチも毎日ちゃんとしますし、健康に問題は全く無さそうです。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
与えるフードやおやつの原材料には気を付けています。
出来るだけはっきりとした原料の名前が書いてあるものを選ぶようにしています。
例えば安いエサの中には、肉”類”や魚”類”と書いてあったりしますが、それだけでは、どんな肉が実際に使われているのかがわからず、不安になります。
ですから、自分の猫が何を食べているのかをしっかり確認することが、健康管理の中で大切だと思っています。

好き嫌いが激しい猫ですが良く食べてくれます。

飼い猫の名前:つっちゃん
16歳 メス
種類:雑種
健康状態
腎臓の具合があまり良くないということと、歯周病で前歯付近にある2本の牙が抜けてありません。

愛用のキャットフード
ロイヤルカナン 腎臓サポート フィッシュテイスト ウェット パウチ

ロイヤルカナン 腎臓サポート フィッシュテイスト ウェット パウチを選んだ理由
かかりつけの獣医さんにおすすめされたのと、原材料が他のフードよりも良さそうだったから
おすすめ度 

ロイヤルカナン 腎臓サポート フィッシュテイスト ウェット パウチを実際に食べさせた口コミ
好き嫌いの激しい我が家の猫ですが、嫌がる風でもなく食べてくれるので安心しています。
他のキャットフードと比べて値段が高いので、最近は他のものと混ぜたり、時には併用したりしてこちら商品を与えていますが、とても調子がよさそうです。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
年齢と共に、1年に1度ほどは体調を崩して入院をするようになりました。
大抵食欲不振という症状から始まるので、食事の食いつきが良いかどうかという点と、尿や便はきちんと出ているかということはチェックするようにしています。
具合が悪くなると体に触られるのも嫌なようで、隠れてしまうのですが、そんな状態になった時もすぐに病院へ連れて行くようにしています。

順調にダイエットが進んでいます。

飼い猫の名前:ちろ
15歳 メス
種類:日本猫(雑種?)
健康状態
右の顎にコブがあり、獣医で病理検査をしたところ、悪性腫瘍ではないのでそのうちに消えるだろうと言われていました。
消えるどころか大きくなっているのですが、年齢的にも外科手術で取るのは賛成できないという事で、そのままになっています。
愛用のキャットフード
ロイヤルカナン  ドライ

ロイヤルカナン  ドライを選んだ理由
ダイエットの為
おすすめ度 

ロイヤルカナン 腎臓サポート フィッシュテイスト ウェット パウチを実際に食べさせた口コミ
フードそのもののカロリーは低くはないのですが、ビタミン・ミネラル・タンパク質・必須脂肪酸をバランスよく配合してある為、与える量を減らしても栄養不足にならないように配慮されています。
また、食物繊維も多く配合されている為、以前よりも量を減らしても飢えているといった反応は見せません。
食いつきも良いですし、順調にダイエットが進んでいます。

飼い主として嬉しい事は、トイレの臭いが軽減された事です。
臭わないので便秘にでもなったかと思ったら、トイレにはちゃんと立派なものがありました。

飼い猫の健康管理で気を付けている事
高齢で寝ている時間が増えたので、必然的に運動不足から太りやすくなります。
犬と違って猫は飼い主を喜ばせようとする本能が備わっていないので、運動によるダイエットは期待できません。
内臓にや血管に負担を掛けないようにするには、飼い主が食事管理をしっかりとするしか無いんですよね。
少し物足りなさそうな感じがしても、決められた分量以上は与えないようにしています。


t